思春期ニキビと大人ニキビの違い

思春期ニキビと大人ニキビはかなり異なっています。しかし、このことを知らない人も意外と多いようです。

 

まず思春期ニキビから見てみると、これは10代のころ、つまり思春期に出来るニキビです。
この思春期ニキビは主に「様々なホルモンによってもたらされる皮脂の過剰分泌が原因となってできるニキビ」で、若いうちによく分泌される「成長ホルモン」などが主に皮脂の過剰分泌を引き起こしています。
ただこの成長ホルモンというものは無い方が大変なホルモンですから、思春期ニキビはある程度諦めるしか無いんです。

 

それに比べて大人ニキビには様々な原因があります。
ただ思春期ニキビと違って「勝手に治る」ことはなく、かならず原因はあります。
なぜなら思春期ニキビは「思春期特有のホルモンが原因」だったからこそそれが落ち着けば治るものですが、大人ニキビには必ず原因というものがあるからです。
それは化粧品だったり睡眠不足だったり食生活だったりストレスだったりと、本当に様々です。
だからこそなかなか治すことが出来なかったり、原因が見つけられなかったりします。
思春期ニキビはある程度諦めてキレイに肌を保つくらいしかできないのですが、大人ニキビは「頑張って治さねばならない」ニキビです。

 

これらの思春期ニキビと大人ニキビの違いを知ることがニキビ対策の第一歩です。